クリーニングは歯を掃除することで、ホワイトニングは歯を漂白することです。

MENU

クリーニングとホワイトニングの違い

 

クリーニングとホワイトニングの違いとは

 

歯をきれいにする際に気にしておきたいのが、クリーニングとホワイトニングの違いです。
どちらも歯をきれいにする役割を持っているものの、その本質は異なっています。

 

自分がどちらを望んでいるのか、それを理解するためにもクリーニングとホワイトニングの違いを学びましょう。
誤った知識を持っていると、歯科クリニックで別の施術を要求してしまう恐れがあります。

 

それぞれの特徴を理解して歯に対する理解を深めてみましょう。

 

 

クリーニングとは

歯科クリニックで行うクリーニングとは、主に歯垢や歯石を除去する掃除です。
歯石などを放置しておくと虫歯や歯周病の原因になりますので、きれいにクリーニングするのが望ましいです。

 

クリーニングの主な目的は掃除です。
音波や振動を利用して歯の表面から歯石を取り除き、歯をきれいにするものです。
歯の隙間に入った磨き残しを除去するのも大切な目的となります。

 

ここで覚えておきたいのは、クリーニングはあくまでも掃除であり歯を白くすることではない点です。
歯垢や歯石を落とすので多少の変化はありますが、歯に色素沈着した着色汚れを落とすものではないのです。

 

 

ホワイトニングとは

クリーニングが掃除に該当する一方で、ホワイトニングは漂白とイメージするのが良いでしょう。
ホワイトニングを行う際には歯石などを落としてから行う場合もありますが、基本的に色の汚れを落とすのが目的となります。

 

歯を白くしたいと思った際には、クリーニングではなくホワイトニングを選ぶようにしてください。また、ホームホワイトニングであれば時間を気にせず自宅で歯を白くできるので、仕事が忙しい現代人にはありがたい要素になるでしょう。

 

ちなみに、ホワイトニングには過酸化水素のような薬剤を使うため、自宅で行う場合は注意が必要です。

 

歯科医師でなければ扱えないのもホワイトニングが専門性の高いものだと証明しています。
クリーニングは歯科助手でも行えますが、ホワイトニングは歯科医師の免許がなければなりません。