基本的には色が濃い食べ物、飲み物が色素沈着に関係しています。

MENU

色素沈着しやすい食べ物や飲み物

 

歯の色が黄ばんでしまうと、少し汚れた印象を与えることになります。
不衛生な印象を持たれてしまうのは人生において非常にマイナスな要素です。

 

こうした歯の黄ばみは着色汚れ、通称ステインというのが原因となっています。
ステインの原因の多くは食べ物や飲み物、つまり普段の食生活が大きく関係しています。

 

コマルビル歯科ではステインの原因となる食べ物や飲み物を紹介したいと思います。
色素沈着しやすい食べ物や飲み物を意識するだけで、歯の白さは変わってくるのです。

 

 

色素沈着しやすい食べ物

基本的には色が濃い食べ物は、色素沈着に関係していると思ってよいでしょう。
この世に色が無い食べ物など存在しないので、少なからず色素は沈着していくものだと考えておいてください。

 

歯を黄ばませるカレーライス

代表的な食べ物を挙げると、例えばカレーライスがあります。
カレーライスは黄色、あるいは茶色というカテゴリーの中でも特に色が濃い食べ物となります。
それに加えて日本人が好んで食べるものなので、食べ続けていると歯は少しずつ黄ばんで良くでしょう。他にもブルーベリーやチョコレートなども色素沈着に影響を与える食べ物です。

 

では、上記のものを食べなければ歯が白く保てるのかと言うと、そうではありません。
黄ばむのが早いか遅いかの違いでしかありませんので、好きな食べ物を好きなように食べても良いでしょう。
その上で歯を白くするには、定期的にホワイトニングの施術を歯科クリニックで受けることです。

 

 

色素沈着しやすい飲み物

色が濃い飲み物が歯の黄ばみを増長することになるでしょう。

 

コーヒー、コーラなど、黒い飲み物は基本的に黄ばみの原因となります。
飲みやすく健康にも良いイメージがあるウーロン茶も、色素沈着という観点からみるとマイナスです。
飲み物とは違いますが、しょうゆやソースも色素沈着に関係して来るでしょう。

 

これらの飲み物を一切飲まず、水だけ飲む生活を送るのは大変です。
食べ物の色素新着と同様に、基本的には定期的なホワイトニングで歯の白さを保つのが良いでしょう。
色素沈着を気にして健康を害してしまえば、歯が白くても魅力的にはならないのです。