歯の表面に付着した汚れが、エナメル質とイオン結合することで色素沈着が発生します。

MENU

歯の着色汚れの原因

 

毎日丁寧な歯磨きを行っているので、気づくと歯に黄ばみが出来てしまうことがあります。
それは徐々に範囲が広がって行き、いつの間にか白い歯が茶色く濁っているのです。

 

こうした黄ばみは歯の着色汚れによって引き起こされています。
着色汚れはステインと呼ばれており、これは通常の歯磨きで落とすのが難しいとされているものです。

 

歯の着色汚れはなぜ発生してしまうのか、その原因についてまとめてみました。

 

 

ポリフェノールやタンニンによる着色汚れ

歯の着色汚れであるステインの原因は、ポリフェノールタンニンです。
コーヒーやウーロン茶、紅茶や緑茶までもが着色汚れの原因になっているのです。
歯磨きをしっかりと行っていればある程度は回避できますが、磨き残しがあると歯の着色汚れを増長させてしまいます。

 

ポリフェノールやタンニンが口の中に入ると、歯の表面にある「ペリクル」という部分に汚れが付着します。
この付着した汚れを放置してしまうと色素が沈着してしまい、歯磨きでは落とせない着色汚れのステインになるのです。

 

着色汚れの原因となる飲み物を飲んだからと言って、その場で汚れが歯に染み込む訳ではありません。
ペリクルに付着した汚れが、エナメル質とイオン結合することで色素沈着が発生します。
つまり、何を飲んでもしっかりと歯磨きを行えばある程度は予防が可能となります

 

 

タバコによる着色汚れ

歯の着色の原因になるタバコ

タバコに含まれるタールは、白い歯の天敵だと言っても良いぐらい最悪です。
タールは歯の表面のペリクルと非常に結びつきやすく、簡単に着色汚れが発生してしまいます。自分自身、あるいは周囲でタバコを吸う人を見た際に、喫煙後に歯磨きをする人がどれだけいるでしょうか?

 

タバコは歯にとって害しかないのに、歯磨きでケアをする人は皆無だと言って良いでしょう。食べカスなどがあればそこにタールが付着してしまい、着色汚れを悪化させてしまいます。

 

 

 

歯の着色汚れの原因は様々ですが、その多くは歯磨きによって予防が可能です。
ただし、完璧に汚れなく歯磨きを行うのは非常に大変ですし、やはり磨き残しは発生してしまうでしょう。
歯磨きに完璧を求めるよりも、定期的な歯科クリニックで検査やメンテナンスを利用するのが確実です。

歯をなるべく白く保つにはどうすればいい?