コーヒーやお茶、タバコを吸った後にしっかりと歯磨きを行うことが大切です。

MENU

歯の着色汚れの生活習慣

 

歯の着色汚れは日々の生活習慣が大きく影響しています。
ホワイトニングを行ったのに歯がすぐに黄ばんでしまうようであれば、生活習慣の見直しが必要でしょう。

 

せっかく白い歯を手に入れたのなら、それを継続させることが大事です。

 

ここでは歯の着色汚れを増長させてしまう悪い生活習慣について説明したいと思います。
そして、白い歯のことを考えた良い生活習慣についてもまとめて行きます。

 

歯の着色の原因とは?

 

 

着色汚れを作る悪い生活習慣

歯を黄ばませる原因になるコーヒー

 

コーヒーを大量に飲む人は、残念ながら歯にとっては悪い生活習慣となるでしょう。
他にも紅茶や緑茶、ウーロン茶などを好む人もポリフェノールやタンニンによって着色汚れが発生しやすくなります

 

こうした生活習慣を持っている人は、飲む量を少し減らすだけでも白い歯を保つのに役立ちます。
どうしても飲むのをやめられない場合は、歯磨きの大切さを意識してみることが大事です。

 

もう1つ、気を付けたいのがタバコの吸い過ぎです。
タバコに含まれるタールはポリフェノールやタンニンとは比べ物にならないほど悪影響を与えてしまいます。
歯が黄ばんでしまう人はタバコの吸い過ぎが原因だと考えて良いでしょう。
タバコを吸う本数を減らす努力も大事ですし、タバコの後に歯磨きをするのも大事です。

 

 

歯に良い生活習慣

とにかく大事なのが歯磨きを毎日行うことです。
コーヒーやお茶関係、タバコを吸った後にしっかりと歯磨きを行えば着色汚れは大幅に軽減できます。

 

着色汚れは、歯の表面に付着した汚れが沈着した結果です。
つまり、沈着して色が歯にしみついてしまう前に歯磨きで掃除をすれば良いのです。

 

歯を磨き過ぎると歯茎を傷つけてしまう恐れもありますので、頻繁にやり過ぎるのは良くありません。
基本的には1日1回の歯磨きと、タバコを吸い過ぎた後に歯磨きをするのが良い生活習慣となるでしょう。

 

それから、定期的なホワイトニングを受けるのも良いことです。
虫歯や歯周病を早期発見する意味でも、歯医者で定期検診を受ける習慣を身に着けてみてください。